肌を若く見せる色々な方法

即席でフェイスリフト

若返り美容整形以外にも、化粧品で即席でフェイスリフトするという方法もあります。

 

美容液などで、市販されているので気軽に購入できるので、少しぐらいのしわやたるみだったら、試してみるのもいいと思います。

 

原理は、肌をひっぱる性質を持っているケイ素を使っているものがおおく、「しわ」や「たるみ」を引っ張り伸ばす効果があります。

 

速攻で効果が出て、数時間ではありますが効果が持続します。

 

気になるシワの部分に数回塗る程度なのでお出かけまえにちょっと付ける。

 

外出先でもお化粧直しのときにつけるといいでしょう。

 

もちろん皮膚表面を一時的に張りのある状態にするだけですから、目の下のたるみなど大きくたるんでいるような部分ではほとんど効果はないと思います。

 

またホウレイセンなど深いしわにもあまり大木に効果は得られません。

 

目実のしわや、目の下の縮緬皺など、またおでこの浅いしわなどであれば効果があるでしょう。

 

金の糸

金の糸を顔の肌のなかにいれることで、若返り老化対策になるときいて、最初は「へ?」なにそれ、なにかのおまじない?と思いましたが・・・

 

別に金持ちの道楽、成金主義ではなく、ちゃんとした、美容効果があるようです。

 

フェザーリフトと、金の糸はまったく別物で、金の糸で引っ張りあげるというものではありません。

 

純金そのものを糸状にして、皮膚の下に埋め込むということらしです。

 

金属アレルギーの人などどうなのかなと思いますが・・・もともと人間には、微量の金がそんざいしていますし、口から緊迫を食べても排出されるので、基本的に副作用はなさそうです。

 

で、その効果の仕組みというか理論ですが・・・

 

金の糸を挿入すると、身体は異物が混入したとみなして、免疫システムが機能して、白血球が胎児しにやってきます。

 

生体内に侵入した細菌、ウイルス、又は死んだ細胞を捕食し消化する白血球の一部であるマクロファージというものが作られるのです。

 

このマクロファージが金の糸の周辺をかこむと線維芽細胞が刺激されて、コラーゲンが生成されます。

 

一方マクロファージは、金の糸を食べることはできず周囲の老廃物なとを食べてくれて、皮下組織が結果的に活性化するのです。

 

なぜほかの金属ではいけないのかというと、中学の理科でならいましたが、金はイオン化傾向が弱く、体内でも、イオン化して解けてなくなりにくく、長く存在するからでしょう。

 

このマクロファージが老廃物を食べてくれるおかげで、美白、美肌になる肌の老化対策にも効果を発揮するというわけです。

 

きっと目の下のたるみとりでいれると、目の下のたるみ解消だけでなく、目の下の黒ずみなども改善するのではないかと思います

 

 

美容整形を受ける前に

美容整形を受ける前に、美容整形、美容外科、形成外科等の名称の違いや健康保険の適用について理解しましょう。

 

一重まぶたや脂肪吸引などの施術のことを、昔から「美容整形」という言葉が使われており、当ガイドラインでも「美容整形」という言葉を好く使いますが、正式には「美容外科」と良います。

 

それでは、「形成外科」、「整形外科」と「美容外科」の違いは何なのでしょうか?

 

「整形」という言葉がついているため、「整形外科」で「美容整形」に関する施術を行っていると誤解している人もいるのですが、「整形外科」の扱う分野は「骨」「関節」などで、骨折や関節炎の治療などを診療内実としているので、「美容外科」とは全く違う診療科です。

 

それに対し、「形成外科」と「美容外科」はとても近い関係です。そもそも「美容外科」は「形成外科」から分離してできたもので、「形成外科」は、主に身体の表面に異常が生じたときに治療するもの。

 

例えば、外傷、できものなどのできた部分を正常な状態にするのが形成外科の役割となっています。。

 

「美容外科」は、主に身体の表面の姿・形を、「美的な見地」から、より美しい(患者の希望する)状態にすることが目的です。

 

ただ、「形成外科」と「美容外科」の両科ともに扱っている診療内実もあり、(ワキガ・多汗症治療など)要望の多さもあって、「美容外科」の診療内実も徐々に増えてきているようです。

 

通常美容外科で扱う診療内実は病気の治療では無いので、基本的には美容整形の施術に医療保険は適用されず、全額自己負担の自由診療(保険外診療)となります。

 

ただ、ワキガや先天性の母斑、血管腫など、形成外科の診療科目と重なっているようなものの場合には、保険が適用になります。

 

 

男性の美容整形も増えている

美しくなりたいという気持ちは老若男女を問わず、近年ますますハードルが低くなっている美容整形は、何も女性だけではなく、女性の美容整形に対する男性の理解も進んでおり、男性自身、美容整形手術を希望する人が急増中。

 

とあるメンズ美容整形のランキングによれば、今すぐに治療したいのは?という問いに次のような結果が。

 

1位:包茎治療
2位:ワキガ
3位:多汗症
4位:医療植毛
5位:ED治療
6位:性病治療

 

1位の包茎治療は、個人差、機関によって幅がありますが、仮性の場合、¥8万円ほど、真性の場合は、¥16万ほど。希望男性の精神的不安をなくすために、受付からすべて男性スタッフが応じているところも。

 

「自分らしい男性美」を目指して、全身をトータルに美しくしてくれると謳っている機関も。「自分らしい男性美」というのが何かといえばそれこそ、「自分らしい美意識」によるのでしょうけれど、コンプレックスをなくして元気はつらつとした健康美のことをいうのでしょうか?

 

医療植毛を受けたある30代の男性の場合は、20代半ばから徐々に気になりだした額の後退に、さまざまな薬を自己流に試したものの、思うような結果が得られることなく、思い切って美容整形による医療植毛に踏み切りました。最初こそ抵抗がありますが、丁寧なカウンセリングに納得、半年毎に3度の植毛を繰り返し、夢にまでみた結果を手に入れました。

 

その他にも、男性美容整形には、ED治療や性病治療もあり、問題によっては男性だけのものではないこともあります。公然とまではいかないまでも、もっと男性に対する美容整形治療が受け入れられ易い社会になるといいですよね。