まずはスキンケア

美肌を守るために自分の肌質に合ったスキンケアをすることが大切です。
肌質に合った美肌スキンケアは、美肌を作るだけでなく、守ってくれます。

 

肌質には乾燥肌、オイリー肌、この2つが混ざった混合肌、そして敏感肌に大きく分かれます。
まず乾燥肌の場合、洗顔フォームなどはあまり脂分を落とし過ぎるものは避けたほうがいいでしょう。

 

化粧水などはしっとり系のものを使い、美容液やクリームでしっかり保湿しましょう。
逆にオイリー肌の人の美肌スキンケアは、洗顔石鹸などを使いしっかり脂分を落とす方がいいでしょう。

 

メンズ用には、全てが一本で済むオールインワンが出ていますので、
男性でも短い時間で、簡単にスキンケアができると思います。

 

スキンケアの化粧品類はノンオイリーなどのさっぱり系が適しています。
時にはパックなどのスペシャルスキンケアも必要です。

 

混合肌の人は、Tゾーンはオイリー肌なのに、目の下などは乾燥肌と言うパターンが多いようです。
そのためお肌の部位によって美肌スキンケアを変える必要があります。

 

Tゾーンにはオイリー肌用の、目の下には乾燥肌用の美肌スキンケアが適しています。
面倒なようですが、この地道な努力が美肌を守ります。

 

最後に敏感肌ですが、この場合は特に美肌スキンケアに気を使う必要があります。
ただでさえ敏感な肌ですので、洗顔や間違ったスキンケアで肌にこれ以上のダメージを与えず、

 

肌を守ることが大切です。
洗顔も優しく行い、無添加など、できるだけ刺激のないスキンケア化粧品を使うようにします。

 

メンズ用に男性の肌に合わせた洗顔料もでていますので、男性はメンスコスメを選ぶといいでしょう。

 

肌をきれいに見せるには

自分の肌を美肌に見せるには自分の肌質を理解することが一番です。
その上で自分に合った美肌メイクを習得する、それが美肌メイクの基本です。

 

肌を美肌に見せるための美肌メイクはコントロールカラーを上手に使うことが基本になります。
コントロールカラーを上手に使うためには、自分の肌色を知りましょう。

 

BBクリームを使うと、それだけで、全部すんで楽にできる方法もあります。

 

男性専用のメンズBBクリームも人気になっています。
ニキビ跡や、青髭を隠したい男性も多いのですね。

 

男性の場合女性よりも肌が黒い人が多いので、すく腰暗い色のBBクリームがくえん出ていますが、
肌の白い男性は女性用のBBクリームでもいいかもしれません。

 

ただしBBクリームだけで濃いしみや青髭は隠せないので、コンシーラーも使う必要があるかもしれません。